セルフイメージがモテるために最も大切!アファーメーションで潜在意識を変えモテる極意【恋愛の引き寄せ】

マインド

よく「自分に自身が無い男はモテない」と聞くことが多いかと思いますが、これはあながち間違いでないといえます。
私自身、重度のコミュ症で全く女性とも話せないレベルから、自分好みの彼女ができ、結婚にまで至った経験からも言えることです。
そして、自分への自身の無さとはセルフイメージの低さとも言い換えることができます。

逆にいうとセルフイメージを上げ、恋愛面での自己肯定感さえ得られれば、可愛くて性格もいいタイプの彼女を作れるのはほぼ確実といえるわけです。

セルフイメージを書き換えていく方法としては、いくつか挙げられますが中でも「アファーメーション」はかなり効果的といえます。

ここでは「モテるためにはセルフイメージが重要な理由」「アファーメーションでセルフイメージを潜在意識レベルから書き換える方法」について解説していきます。

モテる男になるにはなぜセルフイメージが大切なのか

このように、好みの彼女を作っていくためには、まずはセルフイメージをあげるべきです。別の言い方では、恋愛面での自己肯定感、モテるためのマインドセットなどとも表現出来ます。

モテるためには、

・容姿(ルックス)
・経済力
・コミュケーション能力
・相性
・出会いを作る能力

など様々な要素が絡んでくるわけですが、これらすべての根幹部分に上述のセルフイメージが関わってきます。

つまり、上のような表面的なテクニック、能力がいくら高かったとしても、セルフイメージが低ければほぼモテないといえます。

偶然彼女ができたとしても、長続きしなかったり、結婚にいたる可能性が低くなったりするのです。

だって、いくらイケメンでも「自分はモテない」といったナヨナヨした男性では、人気が出なさそうですよね。現に顔「だけ」がいいタイプの人は第1印象はいいですが対してモテないわけです。

なお、言い方は悪いですが、お金だけが取り柄なんだろうなと感じるおじさんが、若くて綺麗な女の子と歩いている場合「本当にお金しか魅力がない」ようなケースがほとんどです。

そして、このようなケースでは、実際にお金がなくなったら縁も切れる可能性が高いのです。

つまり、表面的な肩書き、ルックスだけを変えても、結局のところモテることにはならないわけです。マインドセットがない状態で肩書きをアピールすると逆に「なんか自慢話しに聞こえる」「なんか小さい」って思われて終了となるパターンがほとんどです。

合コンや婚活パーティーなどで、自分の年収を自分から言い出すようなタイプの方はかなり注意が必要なわけです。結局のところ、セルフイメージの高さがありきの話なんですよね。

そのため、まずはセルフイメージを高めるのが大切といえます。

セルフイメージを高める具体的な方法

このようにマインドセット(セルフイメージ)を向上させる重要性がわかっていただけたかと思いますが、「どうやってセルフイメージを上げていけばいいのか」について解説していきます。

モテるためのアファーメーションを唱える(例文は?)

アファーメーションとは、肯定的な言葉を繰り返すことによって、理想の状態を引き寄せるための手法といえます。

ようは何度も自分に言い聞かせることによって、「本当にそのような状態である」と自分に理解させる方法とも言い換えることができます。このアファーメーションは恋愛においても活用することができ、モテるためのセルフイメージをかなり上げられるわけです。

モテるためのアファーメーションは難しいものではなく例文としては「俺はモテる」「大抵の女性は自分のことが好きで、自分が選ぶ側だ」「私は何をしても魅力的」などと、自分の中でしっくりくる表現を使うといいです。

このモテるためのアファーメーションは、基本的に時間がある時に言葉にして自分自身を洗脳していくといいです。

特に寝る前には行った方がよく、就寝前に恋愛におけるアファーメーションを呟くことで、寝ている間により潜在意識レベル(根本的な部分)から書き換えやすくなるわけです。

およそ1ヶ月ほどのモテるためのアファーメーションを徹底していけば、徐々にセルフイメージが向上し、何かしらの現実面での変化が起きていくことが実感できるでしょう。

騙されたと思って何度もセルフイメージを上げるためのアファーメーションを唱えて行ってみましょう。

マインドを鍛えるのと並行して容姿を改善したり、収入をあげる努力をする

なお、上では「ルックスだけ、経済面だけ」を良くても意味がないことと解説しましたが、マインドセットを鍛えつつ、これらを上げていくことはもちろんモテて可愛い彼女を作るためにはいいことです。

例えば、筋トレして体型がかっこよくなったり、髪型を改善して雰囲気イケメンに近づけたりすると「なんか俺かなりかっこいいかも」と思わないですか。つまり、何かを変えようとして改善すると自然とセルフイメージも上がりやすいんですよね。

つまり、ルックスを良くしたり、さらにお金を稼いだりと能力を上げるには、何かしらのチャレンジをすることになるわけです。実はこの「何かに挑戦すること」自体も男性にとってはセルフイメージを上げやすくするのです。

「もうやるしかない」と腹をくくった男性は普通にカッコいいですよね。このチャレンジは意識しないセルフイメージの向上方法ともいえ、アファーメーションなどでマインドセットを整えつつ行う分には、相乗効果で自己肯定感を高められるのです。

よって、アファーメーションと並行して、容姿改善、経済力の向上、コミュケーション能力の向上も行っていきましょう。

後は積極的に出会い、小さな成功体験をとにかく積んでいく

 

 

コメント

  1. […] また、男性自身としてもテストステロンが多いほど「自分ならできる」「より行動的になる」などのプラスの気持ちが生まれやすい傾向にあります。なので、「テストステロンが分泌されにくい寝ていない状態」ではマイナス思考になりがちで、モテるために大切なセルフイメージも併せてかなり低下します。結果としてモテなくなるのです。 […]

タイトルとURLをコピーしました