男は顔じゃないは嘘?本当?モテるためには外見を磨くことは重要【結局顔なのか?内面重視は嘘?】

男性がモテるための要素としては「優しさ」「面白さ」「外見」「経済力」「コミュニケーション能力」などさまざまなものが挙げられます。

もちろんどれも重要なのですが、男性の中には、よく「男は顔じゃなくて中身だ」などの意見をいう方がいます。

この意見はたしかに正しいといえますが、これは「最低限のルックスを超えた人」にのみ当てはまることなのです。そして、この女性からみた際の「男性に求める最低限の容姿」とは、誰でも努力することによって手に入れることが可能です。

ここでは、この「男は顔じゃないという意見は半分嘘で、半分本当」「具体的な見た目の改善方法」について解説していきます。

男は顔じゃないは半分本当で、半分嘘【結局顔だろ?というスタンスもNG】

先にも述べたように、男は顔じゃないという意見は半分本当で、半分嘘といえます。

簡単にいうと、外見をある程度のレベルまで上げていないと初対面で恋愛対象外となるため、まずはルックスをよくすることがかなり重要といえます。

というのも、男性の中には「男は顔じゃない」という意味を自分の都合のいいように解釈している人がかなりいるんですよね。

つまり「容姿を磨く努力を全くせず、ヒゲが生えっぱなし、かなりの肥満体型、ファッションも特に気を使っていない」ような男性が、「俺は性格いいし、面白いからモテる」とかなり都合よく捉えているわけです。

これではまずモテずに彼女を作ることはできません。

男性からしても、初対面でまずは女性のルックスを見てその人が恋愛対象となるかどうか、即時に判別していますよね。

男性と女性の脳の差で若干の重要度は変わるものの、当然ながら女性も初対面の際は、清潔感のある男性の方がいいと思うものです。

しかし、このイケメンとは顔の作りが完璧な芸能人レベルでなくても良く、いわゆる雰囲気イケメン(清潔感のある人)になれれば十分に最初のハードルをクリアできるものです。

そして、この雰囲気イケメンは努力次第で誰でもなれます。何も超絶イケメンである必要はないんですよ。

この雰囲気イケメン以上になるためにまずは「男は顔じゃない」「顔より性格は嘘」で、まずは見た目の大切さ外見を理解し、継続した努力をすべきといえます。ここで「結局顔だろ?」「女性が内面重視は嘘」などと卑屈になって、容姿を改善しないのは本当にもったいないので、まずは可能な限りルックスを上げていってください。

「可愛い彼女を作る」という覚悟を決めて取り組めば、確実にあなたはよりかっこよくなり、可愛い彼女を作ることができます。本気で取り柄のない私でも実現できているため、本気で可能です。

そして、モテるために大切なセルフイメージの向上などは、この最低限のルックスを超えてからの話と認識しておきましょう。

モテるために外見をよくする方法

このように、顔を含めた全体の外見として、雰囲気イケメンに達する必要があります。イケメンの方であれば、すでに第一印象はクリアしているといえるため、次のステップのセルフイメージやトーク力などを向上させていくといいです。

以下では雰囲気イケメンになるための条件と具体的な対策について確認していきます。

やせすぎ、太りすぎを改善する

明らかに痩せすぎている人、太りすぎている人はやはりモテにくいです。そのため、まずは細マッチョレベルの体型に何が何でもしましょう。

このとき、食事制限を組み合わせてもいいですが、筋トレによって体型を改善する方がモテやすくなるのでおすすめです。

具体的にはこちらの「筋トレをするとモテる理由」について解説していきます。

髪型を改善する

なお、雰囲気イケメンでは髪型はかなり重要です。
具体的には、以下のような前髪を厚めにした以下のようなヘアースタイルがかなり受けがいいのでおすすめです。

このとき、ある程度顔の作り自体に自信がある方であれば、短髪にした、さわやかでかつ顔が確認できる髪型も女性から好印象となります。

いずれにせよ、坊主やボサボサヘアーなどの雑誌に載っていないようなものは低評価をもらいがちになるため、やめた方がいいです。

行きつけの美容院

ファッションを変える

雰囲気イケメン以上のルックスになるには、着る服の選定も大切です。

具体的なポイントとしては

、ダボダボではなくピッタリとした服をきる
、チャラすぎる、個性的すぎるのは避ける
、白ティーシャツ、白ワイシャツは受けが良さげ

などが挙げられ、以下のようなイメージをするといいです。

なお、周囲に女性がいる方は実際にファッションチェックしてもらい、その反応を見るのもおすすめです。厳しい意見となることもありますが真摯に受け止め、改善するのがモテるための近道です。

ヒゲが濃い人は脱毛する

意外と女性が気にしているポイントとして、ヒゲの濃さもあります。女性の中で濃いヒゲが苦手な方って結構な割合でいます。そのため、ヒゲを薄くしておくに越したことはないです。

どこからがヒゲが濃いという線引きは難しいですが、ポイントとしては「ヒゲで不潔感が出ていないか」どうかです。これも自分では客観視できないことが多いため、近くの本音で話せる友人女性や女性の家族に聞くのがおすすめです。

今では、男性用の脱毛も徐々にその知名度が上がってきて色々なキャンペーンも実施されているのを見ますので、それらも積極的に活用すべきですね。

眉、鼻毛などをチェックする

ルックスの改善を言い出すとキリがない部分もありますが、上述はモテるために絶対に抑えておくべきポイントと、いえます。

これ以上の対策としては、スキンケア、匂いなども併せて行っていくとより女性から好印象を得られます。

「男は顔じゃない」の意味を誤って捉えず、見た目も大切にしていきましょう。

まとめ

ここでは「男は顔じゃないは本当なのか」「モテるための外見のポイント」について、解説しました。

「男は顔じゃない」というのは半分嘘といえ、モテるためにはまずは恋愛対象となる雰囲気イケメン以上のルックスを満たす必要があります。見た目ももちろん大切なのです。

ただ、これは努力によって誰でも到達できるといえます。

具体的には、
、細マッチョを目指す
、髪型を変える
、ファッションを改善する
、ヒゲが濃いときは薄くする
、眉や鼻毛等の処理をする

などが挙げられます。

これら最低限のルックスを超えたうえで、マインドセットやトーク力などを上げる順序が効率よくモテる流れといえます。

外見を磨く大切さも忘れずに、チャレンジしていきましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました